WM-1320とは

WM-1320とは

WM-1320とは、TOA社から出されている内蔵アンテナを採用したワイヤレスマイクです。

TOA社より以前からWM-1300やWM1310が出されていますが、その新しいバージョンがWM-1320です。

ツーピース型・タイピン型でマイクを洋服につける事ができます。

2mWと6mWで送信出力の切り替えができ、長い距離で必要とする場合や多チャンネル使用の場合でも対応が可能です。

B型800メガヘルツPLLシンセサイザー方式で30波周波数設定が可能です。

単3の乾電池が必要ですが、専用の充電器BC-1000などの購入と一緒に使用される場合が多いです。

充電は約1時間ほどで終わり、最長連続使用時間は、送信出力L(2mW)とH(6mW)の切換にもよりますが、約10時間程度まで可能です。

また入力感度の調節機能やトーン信号切換えスイッチも搭載しています。

ピンマイクをヘッドセットマイクや咽喉マイクに変えて使用することもできます。

WM-1320の使い方

WM-1320マイクのタイピン部分を洋服の襟元やネクタイや胸ポケットなどにつけ、電源をONにします。

バッテリーランプが緑色に点灯していることを確認して使用します。

マイクと口元との距離感は、約20センチ程度は離すようにすると使いやすいです。

受信アンテナとマイクが近すぎると、音が混信して濁ったり、雑音が入ったりします。

また、誤動作が起こる場合もあるので、距離は約3メートル以上は離してご使用下さい。

しまう時は、電源のスイッチをOFFにするのを忘れないように。

2mW(L)と6mW(H)の送信出力の切り替えについてですが、アンテナとの距離が長い場合はHに、同じ場所で7波以上使用の際にはLにして下さい。

使用時間は、Hにすると約8時間、Lにすると約10時間ほど使用できます。

タイピン型ワイヤレスマイクWM-1320の性能

WM-1320使用中、雑音が酷い場合はトーン信号を切替える事により防止することができます。

トーン信号切換えスイッチを使用するには、電池カバーを外し、中にあるトーン切換部のゴムキャップを外して下さい。